人気ブログランキング |

実在するJR赤羽駅とは何ら関わりはないバネ。


by akabane2k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リズと青い鳥

リズと青い鳥を観てきました。

前知識無しで行ったので劇中内の時期がよくわかっていなかったけど、響け!ユーフォニアム2から結構時間が経ってるんですね。
なんかこう、尊い…みたいな感じで割とにやけてしまいながら観てました。
レビューとかでも言われているけど、細かい仕草とか目線とかが良かったです。

劇場版響け!ユーフォニアム2ではカットされていた、TV版のこの2人の話をもう一度観たくなったなあ。
Amaoznプライムビデオに追加されないかしら。

wikiを観てみたら、TV版の続きの原作エピソードの1部なんですね。
TVの第3クールはやらないのかしら。
新作劇場版の予定はあるらしいので、リズと青い鳥のエピソードを抜いてやるのかなあ。

鎧塚先輩に若干違和感があったので、リズと青い鳥を観おわってからサイトを調べたけど髪の色が黒くなってたんですね。
絵柄のせいだけではなかった。



# by akabane2k | 2018-04-29 00:00 | アニメ/ドラマ/映画

戦場のヴァルキュリア4

遂に発売しました、戦場のヴァルキュリア4…!

まだクリアはしていないのですが、多分中盤くらいまでは気たかなあという感じです。
でも開発ツリーがまだ随分と先まであるので序盤なのかもしれない…。
ようやく敵側にヴァルキュリアが登場したくらいです。
シリーズ通してのお約束だと、そろそろ味方も誰かしらがヴァルキュリアの力に目覚めるはず。
どっちのヒロインだろうか。(今回はそういうのが無い気もしないでもないけど)

2・3で増えた兵科や、転科したり上位兵科になるアイテムを集めて強くなるみたいなシステムはすっかり撤廃されて、1に戻ってシンプルになりました。
兵科も擲弾兵以外は1に戻りましたね。
しかしこの擲弾兵が、2の剣甲兵を思い出させる他の兵科の追随を許さない能力な感じです。
まあ、撃たれ弱いのと、見た目は派手なのに殆ど当たらない迎撃なので剣甲兵ほど異次元でもないですが。

※剣甲兵とは盾と剣をもって斬りかかる兵科で、正面無敵で切りかかればしゃがみ状態の敵も範囲で即死させる超兵士。2はこいつを突っ込ませればだいたいなんとかなった。(なお、3では盾が殆ど機能しないという大幅弱体がなされた。)

※個人的には対戦車狙撃兵が結構好きだったんだけどなあ。


あとはイベントボスが無敵で味方を蹂躙して行くのもシリーズを踏襲していて、この辺はあんまり好きではないなあって感じ。

まあその辺は差し引いても大好きなシリーズなので、早く先に進めたいですよ。
週末はやく…。(まだ月曜日)



# by akabane2k | 2018-03-27 00:32 | ゲーム

ブレードランナー2049

劇場に観に行こうと思っていたけど、タイミングが合わなくて結局行けなかったブレードランナー2049のBDを貸してもらったので観ました。

結果からすると、劇場にわざわざ観に行かなくて良かったなあって感じでした…。
もっとスッとわかりやすいアクションみたいなのを想像してたんですよねえ。

なんで主人公にその記憶が書き込まれていたのか、またその他にも沢山書き込まれていたのか、じゃあ何のために書き込まれていたのか。
みたいなのがさっぱりわかりませんでした。
レプリカント側は秘匿したいのに、なんで記憶を書き込んで探させるような情報を流出してるのみたいな。
特にこれといった見所があったような感じでもなかったしなあ。

まあそれはそれとして旧作のブレードランナーも借りたので、そっちも久しぶりに観てみたいと思います。



# by akabane2k | 2018-03-19 01:49 | 雑記
1千万年ぶりにエロゲを買いました。(揶揄)

前に買ったのも、このシリーズの「処女はお姉さまに恋してる2」な訳ですが。
エロゲ会社を辞めてから10年以上が経ってしまいましたが、そっち系ゲームの欲がすっかりなくなる中で、この「処女はお姉さまに恋してる」(おとボク)シリーズだけは購入しています。
もう個人的には、「エースコンバット」シリーズと「戦場のヴァルキュリア」シリーズと並ぶ、超楽しみにしている3大シリーズ作品です。
 ※そういえば結構前から宣伝していたエースコンバット7はどうなった…。
 ※戦場のヴァルキュリア4も今月発売という事で、なんて良い年なんだという気持ち。
この「おとボク」シリーズがどういったゲームかというと、シリーズ通しておおよそがこんな感じです。

 家庭の事情で男の僕が、何故かお嬢様学校に通学する羽目に。
 ひっそりと学校生活を送るつもりが、ひょんなことから全校生徒からの注目の的。
 …僕、これから一体どうなっちゃうのー!?

何でこのシリーズがこんなに大好きなのかは自分でもよくわかりません。
出会いはテレビアニメシリーズの「乙女はお姉さまに恋してる」を再放送で観て衝撃を受け、抑え切れずに続きをネットで探し、もっと綺麗な映像でちゃんと観たくてAmazonで全巻購入し、勢い余ってドラマCDも…。
という感じに行動させる何かがあったという事は確かです。
まさに、僕、一体どうなっちゃうのー!?的な奴ですね。

発売したばかりの最新作「おとボク3」は、まだ全ルートクリアはしていないのですが、だいたい折り返しくらいなところまでは来ました。
現状の感想としては、良くも悪くも古き良きノベルゲーって感じでしょうか。
こういっては何ですが、自分が辞めた10年前から、エロゲ会社の技術力ってあんまり変わってないんだなーみたいな。
 ※ゲームによってはそんなことは無いと思いますが。
 ※実際のところエロシーンでは謎技術で2DのCGがぎゅんぎゅん動くやつくらいは若干期待していた。
とは言え、この作品に期待するところはエロシーンよりもシナリオのほうが比重が重いので、そこはまあ良しというところです。
 ※個人的には「エロ 2:8 シナリオ」くらい。

今のところ残念な点は以下の通り。

  • 主人公がフルボイスではない。
  • シーンの会話、背景等が若干おかしい部分がある。
    ※パッチによる修正に期待。
  • エロシーンが少な目。
    ※特に黒スト要員にフェチ方面のシーンが無かったのが非常に残念!
  • 昔からあるノベルゲーで、システムに目新しい部分が1つも無い。
  • CGモードが全CGでは無い?
    ※成績が貼り出されたシーンを見直そうと思ったのに無かった。
  • 寮生に個別EDが無いキャラクターがいる。
    ※月子ちゃんには期待していた…。
    ※クリア後のおまけモードである程度は補完されていて、そこは良かったです。

上記のような不満点は残りましたがストーリーは楽しかったので、個人的な満足具合を点数にするならば8点(10点満点中)といったところでした。

久々に2もプレイしたくなったのですが、箱の中身が空でした…。
そうだ…いつでもプレイできるようにやりやすい場所にメディアを出しておいたせいでどこかに行ってしまったんだった。
くっそー!

…という自分の為になのか、1&2パックの廉価版「処女はお姉さまに恋してる 1&2パック」なんてものも今年に入ってから発売されていた!
商売上手過ぎる…!

という訳で自分が大好きな「おとボク」シリーズ、1から最新作の3まで一気に遊べる機会なので、この記事を見てほんの少しでも気になった方がいましたら、是非にプレイしてみてください。

ちなみに、1では「茉莉花の君」まりやさん、2では「御前」雅楽乃さん、3では「提琴ヴィオラの君」茉莉さんが良かったです。

---



# by akabane2k | 2018-03-10 12:05 | ゲーム
「さよならの朝に約束の花をかざろう」を観てきました。
予備知識0で観に行ったのですが、すごく良かったです…。

事前に公開されていた予告編では、たぶん観てから驚かせるために長命の主人公(ヒロイン)と短命の人間との恋物語みたいな事を匂わせている感じの作りになっていたのかと思いますが。
実際の内容は、ちょっと前にtwitterで流行っていた「魔女集会で会いましょう」タグのような話でした。
新しく公開されたPVのほうはそういった内容になっていますね。



そういうストーリーなので劇中での時間の流れが早く不要な部分は思いっきり端折られているのですが、個人的にその辺が若干尺不足の印象を覚えてしまいました。
とはいってもあまり長時間になるとお尻が痛くなって集中力もなくなるし、しょうがないかって感じですね。

とにかく良かったのでこれはオススメ出来ます。
上映中にぜひ映画館で。




# by akabane2k | 2018-03-03 11:59 | アニメ/ドラマ/映画
TOHOシネマズの割引日に劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレを観てきました。
これを書いていて変換ミスをして気づいたけど、サブタイトルってもしかして激情と劇場をかけているのかな。

てっきり劇場版マクロスFと同じで前後編のつもりで観てたのですが、1本完結でちょっとびっくりしました。
話がギュッと短縮されていて、ワルキューレをメインにしたことによってTV版ではヒロインの1人だったミラージュ・ファリーナ・ジーナスが単なるモブになっていてなんだか可哀想でしたね…三角関係的な部分も割とバッサリでした。
それどころかハヤテも脇な感じになっていて思い切りが良いというか何というか。(笑) 

個人的には目玉のライブパートがFと比べて若干物足りなかったかなあって感じでした。
それはそれとして、ライブパートはもう一度じっくり観たいなあ。



# by akabane2k | 2018-02-16 01:58